早実8強入りも6失点…清宮の最後の夏はやっぱり投手次第

公開日: 更新日:

 80号はまたもお預けとなった。今秋ドラフトの超目玉、早実・清宮幸太郎(3年)が、9日の東京都大会、共栄学園との4回戦に「3番・一塁」で出場した。初回1死二塁から先制の中前適時打を放ち、今年の公式戦5試合目で初打点をマークするなど3打数2安打1打点2四死球。期待の一発は出なかった。

 試合はコールド勝ちペースから一転、八回表に2点差に迫られると、雨で1時間52分の中断。苦しい展開を招いたのは昨秋から指摘される脆弱な投手陣だ。

  センバツ甲子園2試合の失点は4、11。都大会に入っても2、4ときて、この日は6失点としゃきっとしない。

 「早実は春の大会から有望な1年生をベンチに入れるのが通例。2年前は清宮と現エースの服部が、昨春は現4番の野村が入った。昨夏は1年生左腕3人をベンチに入れた。ただ、今年は春の段階で1年生が1人も入っていないだけに、夏も大きな期待はできない。基本的には現有戦力が中心。エース服部と複数の2年生投手がサポートする形。あとは清宮、野村らの強力打線が援護するしかありません」(早実OB)

 2年前の春、清宮と同じ試合でデビューした副主将でもある服部を中心とした投手陣の整備。清宮最後の夏は、投手にかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    菅政権「同じ支援」の約束反故 黙殺される独自宣言16道県

  5. 5

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  6. 6

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  7. 7

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  8. 8

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  9. 9

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  10. 10

    春菜と友近が個室会食情報…“反”吉本芸人「集結」の狙いは

もっと見る