• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

早実8強入りも6失点…清宮の最後の夏はやっぱり投手次第

 80号はまたもお預けとなった。今秋ドラフトの超目玉、早実・清宮幸太郎(3年)が、9日の東京都大会、共栄学園との4回戦に「3番・一塁」で出場した。初回1死二塁から先制の中前適時打を放ち、今年の公式戦5試合目で初打点をマークするなど3打数2安打1打点2四死球。期待の一発は出なかった。

 試合はコールド勝ちペースから一転、八回表に2点差に迫られると、雨で1時間52分の中断。苦しい展開を招いたのは昨秋から指摘される脆弱な投手陣だ。

  センバツ甲子園2試合の失点は4、11。都大会に入っても2、4ときて、この日は6失点としゃきっとしない。

 「早実は春の大会から有望な1年生をベンチに入れるのが通例。2年前は清宮と現エースの服部が、昨春は現4番の野村が入った。昨夏は1年生左腕3人をベンチに入れた。ただ、今年は春の段階で1年生が1人も入っていないだけに、夏も大きな期待はできない。基本的には現有戦力が中心。エース服部と複数の2年生投手がサポートする形。あとは清宮、野村らの強力打線が援護するしかありません」(早実OB)

 2年前の春、清宮と同じ試合でデビューした副主将でもある服部を中心とした投手陣の整備。清宮最後の夏は、投手にかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る