• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

校長は再出発示唆も…PL野球部「復活ありえない」理由

 60年にわたる歴史に、終止符が打たれた。

 センバツ甲子園のベスト4が出揃った昨29日、春夏通じて甲子園7度制覇の名門、PL学園が大阪高野連に連盟からの脱退届を提出し、同日、受理された。PLは昨夏の予選初戦敗退を最後に休部中。正井校長は脱退届の中で、「平成29年から部員募集再開が決定するまでの間、貴連盟への非加盟を決めさせて頂いた次第です」と復活に含みを持たせているが、その言葉を信じていいのか。

 3月に「永遠のPL学園 六〇年目のゲームセット」を上梓した、ノンフィクションライターの柳川悠二氏は「復活はまず、あり得ません」と、こう続ける。

「仮に来年から部員募集を再開したとして、入部する生徒がどれだけいるか疑問です。現在、PL学園は1学年50人程度と、生徒数そのものが減少している。野球部がこの惨状では、昔のようなPL教団信者以外の入学希望者も見込めません。付属中学校からの内部進学者で野球をやっている子もいますが、いずれも軟式野球部。高校にも軟式はありますので、そちらに入部するでしょうね。PLは60年前の創部の際も、高野連に生徒数の少なさなどを理由に一度、加盟を断られている。今後、再加盟を希望しても同じ理由で認められない可能性もあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る