マスターズ2日目・松山16位タイに 18番で超絶アプローチ

公開日: 更新日:

 大会2日目は2つスコアを伸ばして通算2オーバーでホールアウトした松山英樹(25)。54位発進から一気にトップと6打差16位まで浮上した。

 上がり17番、18番のピンチをパーで切り抜けて、3日目につながるフィニッシュだった。

 17番は2打目をグリーン右に大きく曲げて、アプローチはピンまで60ヤード。これを1.5メートルに寄せてナイスパーセーブ。

 18番はティーショットを右サイドの松林に打ち込み、ピンまで残り166ヤード。打ち上げになる脱出は枝の下をくぐる低い弾道で花道から転がし上げる作戦で臨んだ。

 しかしグリーンを駆け上がったボールは、カップが切られた下の段を通り過ぎても止まらずに奥へこぼれ出てしまう。

 3打目はピンのはるか左サイドから右に大きく曲がって下る難度の高いアプローチになった。ピン上5メートルの段差で勢いが止まる絶妙なショットが要求され、すこしでもインパクトが強くなれば下り傾斜の勢いでまたグリーンから出てしまう危険性があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  5. 5

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  8. 8

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  9. 9

    水害に遭ったら…片付けと清掃作業の手順に「6つの要点」

  10. 10

    手越祐也の活躍にジャニーズ歯噛み?「嵐超え」も射程圏内

もっと見る