マスターズ2日目・松山16位タイに 18番で超絶アプローチ

公開日: 更新日:

 大会2日目は2つスコアを伸ばして通算2オーバーでホールアウトした松山英樹(25)。54位発進から一気にトップと6打差16位まで浮上した。

 上がり17番、18番のピンチをパーで切り抜けて、3日目につながるフィニッシュだった。

 17番は2打目をグリーン右に大きく曲げて、アプローチはピンまで60ヤード。これを1.5メートルに寄せてナイスパーセーブ。

 18番はティーショットを右サイドの松林に打ち込み、ピンまで残り166ヤード。打ち上げになる脱出は枝の下をくぐる低い弾道で花道から転がし上げる作戦で臨んだ。

 しかしグリーンを駆け上がったボールは、カップが切られた下の段を通り過ぎても止まらずに奥へこぼれ出てしまう。

 3打目はピンのはるか左サイドから右に大きく曲がって下る難度の高いアプローチになった。ピン上5メートルの段差で勢いが止まる絶妙なショットが要求され、すこしでもインパクトが強くなれば下り傾斜の勢いでまたグリーンから出てしまう危険性があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  8. 8

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  9. 9

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  10. 10

    スカウト部長は佐々木絶賛も…巨人ドラ1逡巡に原監督の影

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る