松山の機嫌取り 中嶋常幸のマスターズ“醜解説”にゲンナリ

公開日: 更新日:

 最終日に67のスコアでホールアウトした松山には「よく飛んでたね。調子が良くない中で苦しみながら一生懸命プレーして感動した。もっと強くなって戻ってきてグリーンジャケットを取りたいね」と、一方的にペラペラ。それを聞いた松山も苦笑いするしかなかったが、ファンが知りたいのは、テレビ中継からではわからないグリーンの特徴や選手が錯覚する傾斜や芝目であり、それを松山から聞き出すのが中嶋の仕事。選手の機嫌を取るかのようなやりとりは無意味だ。

 中嶋が最後にマスターズに出場したのは95年(予選落ち)。今年のオーガスタで予選落ちした池田勇太や谷原秀人を解説席に座らせた方がよほどおもしろい解説が聞けたはずである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  6. 6

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    花田美恵子さん<3>フライト中に貴乃花から食事に誘われて

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る