松山の機嫌取り 中嶋常幸のマスターズ“醜解説”にゲンナリ

公開日:  更新日:

 S・ガルシアの優勝で幕を閉じた今年のマスターズ。パット下手の松山英樹は3日目に優勝争いから脱落したが、中嶋常幸(62)のテレビ解説もひどかった。

 還暦を過ぎていながら「ティーをめちゃくちゃ低くして打つこともあります」と、若者に媚びるような言葉を使い、ガルシアが8番(パー5)でグリーン右手前からのアプローチでウッドを使って2メートルオーバーすると、「ウッドは選択ミス」とバッサリ。それをラウンドリポーターの芹沢信雄プロにまで同意を求めたのには呆れた。

 16年1月からアンカーリング打法が禁止されて、ロングパターから普通の長さのパターに替えた13年覇者のA・スコットの選択にも疑問を呈していた。そのスコットは昨年もツアーで2勝している。

 中嶋はある年のマスターズ解説で、13番(パー5)でピン左サイドの狭いエリアに乗せた一打に対し、「あれは狙ったのではない」というようなコメントをした。世界のトップが集うマスターズでは、セオリーとは異なるコース攻略やリスクを承知の上でバーディーやイーグルを狙うこともある。ましてや今のプロは想像をはるかに超える飛距離が出る。2打目からのクラブも中嶋の全盛時代とは大きく異なる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る