• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松山の機嫌取り 中嶋常幸のマスターズ“醜解説”にゲンナリ

 S・ガルシアの優勝で幕を閉じた今年のマスターズ。パット下手の松山英樹は3日目に優勝争いから脱落したが、中嶋常幸(62)のテレビ解説もひどかった。

 還暦を過ぎていながら「ティーをめちゃくちゃ低くして打つこともあります」と、若者に媚びるような言葉を使い、ガルシアが8番(パー5)でグリーン右手前からのアプローチでウッドを使って2メートルオーバーすると、「ウッドは選択ミス」とバッサリ。それをラウンドリポーターの芹沢信雄プロにまで同意を求めたのには呆れた。

 16年1月からアンカーリング打法が禁止されて、ロングパターから普通の長さのパターに替えた13年覇者のA・スコットの選択にも疑問を呈していた。そのスコットは昨年もツアーで2勝している。

 中嶋はある年のマスターズ解説で、13番(パー5)でピン左サイドの狭いエリアに乗せた一打に対し、「あれは狙ったのではない」というようなコメントをした。世界のトップが集うマスターズでは、セオリーとは異なるコース攻略やリスクを承知の上でバーディーやイーグルを狙うこともある。ましてや今のプロは想像をはるかに超える飛距離が出る。2打目からのクラブも中嶋の全盛時代とは大きく異なる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事