• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

薬物検査の対象選手に タイガース満塁弾男に抜き打ち検査

 タイガースの控え野手があらぬ疑いを持たれた。

 アンドリュー・ロマイン(31)が12日(日本時間13日)、ツインズ戦の四回に逆転の満塁本塁打。今季1号が殊勲打となった。

 ロマインは過去7年間で通算打率2割4分、6本塁打。非力な男による劇的な一発に試合後、MLBが動いた。反ドーピング対策の一環として定期的に行っている薬物検査の対象選手にロマインを指名したのだ。

 もちろん、ロマインに禁止薬物使用の疑惑があるわけではない。MLBで抜き打ちで検査を行っており、人選は無作為に行われている。ロマインが選ばれたのも単なる偶然に過ぎない。

 クラブハウスで報道陣に囲まれたロマインは「血を抜き取られて、めまいがしたよ」と苦笑いだった。

 ちなみに、このロマイン。弟は田中将大の女房役であるヤンキースのオースティン(28)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  9. 9

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る