薬物検査の対象選手に タイガース満塁弾男に抜き打ち検査

公開日: 更新日:

 タイガースの控え野手があらぬ疑いを持たれた。

 アンドリュー・ロマイン(31)が12日(日本時間13日)、ツインズ戦の四回に逆転の満塁本塁打。今季1号が殊勲打となった。

 ロマインは過去7年間で通算打率2割4分、6本塁打。非力な男による劇的な一発に試合後、MLBが動いた。反ドーピング対策の一環として定期的に行っている薬物検査の対象選手にロマインを指名したのだ。

 もちろん、ロマインに禁止薬物使用の疑惑があるわけではない。MLBで抜き打ちで検査を行っており、人選は無作為に行われている。ロマインが選ばれたのも単なる偶然に過ぎない。

 クラブハウスで報道陣に囲まれたロマインは「血を抜き取られて、めまいがしたよ」と苦笑いだった。

 ちなみに、このロマイン。弟は田中将大の女房役であるヤンキースのオースティン(28)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る