• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

夫人に逮捕歴…延長V弾放った楽天ペゲーロの“スネの傷”

 その昔、イチローの口をアングリさせたというのもうなずける。

 敵地・京セラドームでの開幕戦。楽天2年目のペゲーロ(30)が、強烈な決勝弾を放った。4-4で迎えた延長十一回。オリックスの新人右腕・沢田のカットボールを叩くと、ライナー性の打球はグングン加速、そのままバックスクリーン上部の3階席に突き刺さった。

「若手有望株と期待されたマリナーズ時代、そのパワーと飛距離で同僚のイチローを『こいつはすげえ』とうならせたのは有名ですが、一方で変化球にからっきしという致命的な弱点を抱えていた。欠点を解消して確実性が増せば、メジャーでもコンスタントに25本塁打から30本塁打はマークできると評価されたが、結局は改善されなかった。これが、昨季途中に年俸2500万円で日本に来た理由のひとつ。もうひとつは夫人の問題。14年にカード詐欺で夫人が逮捕、懲役1年の実刑判決を受けたのです。それが、ダンナの同僚でマリナーズの大エースだったヘルナンデスの夫人からカード番号を聞き出し、2000万円も使うというとんでもない事件だっただけに米球界で浮上の目はなくなってしまいました」(現地記者)

 昨年7月末に楽天に入団し、昨季は51試合で10本塁打。パワーを見せつけ、年俸8500万円で契約延長にこぎつけたものの、200打席で67三振と粗さは相変わらずだった。開幕戦の特大本塁打にも安心はしていられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る