夫人に逮捕歴…延長V弾放った楽天ペゲーロの“スネの傷”

公開日: 更新日:

 その昔、イチローの口をアングリさせたというのもうなずける。

 敵地・京セラドームでの開幕戦。楽天2年目のペゲーロ(30)が、強烈な決勝弾を放った。4-4で迎えた延長十一回。オリックスの新人右腕・沢田のカットボールを叩くと、ライナー性の打球はグングン加速、そのままバックスクリーン上部の3階席に突き刺さった。

「若手有望株と期待されたマリナーズ時代、そのパワーと飛距離で同僚のイチローを『こいつはすげえ』とうならせたのは有名ですが、一方で変化球にからっきしという致命的な弱点を抱えていた。欠点を解消して確実性が増せば、メジャーでもコンスタントに25本塁打から30本塁打はマークできると評価されたが、結局は改善されなかった。これが、昨季途中に年俸2500万円で日本に来た理由のひとつ。もうひとつは夫人の問題。14年にカード詐欺で夫人が逮捕、懲役1年の実刑判決を受けたのです。それが、ダンナの同僚でマリナーズの大エースだったヘルナンデスの夫人からカード番号を聞き出し、2000万円も使うというとんでもない事件だっただけに米球界で浮上の目はなくなってしまいました」(現地記者)

 昨年7月末に楽天に入団し、昨季は51試合で10本塁打。パワーを見せつけ、年俸8500万円で契約延長にこぎつけたものの、200打席で67三振と粗さは相変わらずだった。開幕戦の特大本塁打にも安心はしていられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  9. 9

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る