巨人 頼みのマイコラス&マシソン引き留めなら最低10億円

公開日:  更新日:

 巨人が弱い。14日の中日戦は延長十二回にサヨナラ負け。泥沼の5連敗で貯金がなくなった。

 そんな中、存在感を見せたのは、先発したマイルズ・マイコラス(28)だ。7回を二塁手・中井の失策絡みの2失点に抑えた。

 先月、第1子となる長女が誕生。開幕前に米国へ一時帰国して出産に立ち会い、エネルギーに変えている。今年で2年契約が終了するため、来年はメジャー復帰の可能性がある。この試合の前まで、巨人のチーム防御率はリーグワーストの4・08。マイコラスは2015年に13勝3敗で最高勝率のタイトルを獲得した実績の持ち主だ。今季開幕投手を務めたエース格の助っ人は引き留めたいに決まっている。

「マイコラスはメジャー復帰が第一でも、最終的には『カネ』次第ともっぱらです。今年で年俸2億4000万円の2年契約が切れ、引き留めるには年俸5億円前後の複数年契約が基本線になるとみられている。日本で芸能人デビューを果たしているローレン夫人(29)の存在も巨人にとっては追い風になるかもしれません」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    “M─1舌禍騒動”当初は久保田&武智を支持する声も多かった

もっと見る