• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

OB投手が問題点指摘…G守護神カミネロはもう“失格”寸前

 巨人が広島に屈辱の3タテを食らい、4連敗を喫した。

 昨13日、巨人は初回の4失点をはね返し、5-4で九回へ。逆転勝ちで広島に待ったをかけるはずが、ここで登場した新守護神のカミネロ(29)が誤算だった。

 代打・松山に初球の直球を右翼席に運ばれ、瞬く間に同点。続く田中に四球を与えると、菊池の犠打をファンブルした揚げ句に蹴っ飛ばし、ボールはファウルグラウンドを転々とした。無死二、三塁となって丸と安部に適時打を浴び、一挙6失点の大炎上で試合をブチ壊した。

 巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏(評論家)は「フィールディングが課題なのは一目瞭然だが、もっと苦しいのは、変化球で思ったようにストライクが取れていないこと。いくら直球が150キロを超えるといっても、的を絞られれば、この日の松山のようにスタンドへ運ばれてしまう。分かっていても空振りが取れるほどの直球ではありませんから」と問題点を指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事