OB投手が問題点指摘…G守護神カミネロはもう“失格”寸前

公開日:  更新日:

 巨人が広島に屈辱の3タテを食らい、4連敗を喫した。

 昨13日、巨人は初回の4失点をはね返し、5-4で九回へ。逆転勝ちで広島に待ったをかけるはずが、ここで登場した新守護神のカミネロ(29)が誤算だった。

 代打・松山に初球の直球を右翼席に運ばれ、瞬く間に同点。続く田中に四球を与えると、菊池の犠打をファンブルした揚げ句に蹴っ飛ばし、ボールはファウルグラウンドを転々とした。無死二、三塁となって丸と安部に適時打を浴び、一挙6失点の大炎上で試合をブチ壊した。

 巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏(評論家)は「フィールディングが課題なのは一目瞭然だが、もっと苦しいのは、変化球で思ったようにストライクが取れていないこと。いくら直球が150キロを超えるといっても、的を絞られれば、この日の松山のようにスタンドへ運ばれてしまう。分かっていても空振りが取れるほどの直球ではありませんから」と問題点を指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  10. 10

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

もっと見る