1試合2発で巨人粉砕 阪神北條の覚醒はヤクルトのおかげ?

公開日:  更新日:

 金本チルドレンがようやく目覚めた。

 阪神の北條(22)が9日の巨人戦で1試合2本塁打を放つ活躍。巨人に競り勝ち、「これからも打ちまくって勝利に貢献します」とお立ち台で笑顔を見せた。

 今季は鳥谷から遊撃の定位置を奪ったものの、前日まで打率.120。不振だった愛弟子の活躍に金本監督は、「普段からよくバットを振っている。スイングの速さ、力がついてきた証拠です」と目を細めた。

 成長はライバル球団の選手も認めるところだ。北條は1月にヤクルトの川端、山田らが行う愛媛・松山の自主トレに2年連続で参加。打撃練習後に、ティー打撃をしてフォームを修正することなどを教わった。山田は「体つきが大きくなり、打撃が力強くなった」と評価。北條も、「去年はお客さんだったと思うけど、今年はメンバーの一員になれたと感じた」と手応えを掴んでいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

もっと見る