ヤンキース田中2勝目 中4日登板で周囲の不安吹き飛ばす

公開日:  更新日:

 ヤンキース・田中将大(28)が今季初の中4日登板で結果を残した。

 19日(日本時間20日)のホワイトソックス戦に登板し、7回を6安打1失点、6奪三振、2四球で2勝目(1敗)を挙げた。

 この日の田中は再三、走者を背負いながらも落ち着いた投球でつけ入る隙を与えなかった。四回に2本の二塁打で1点を失ったものの、追加点を許さない。大量リードで迎えた七回。1死三塁のピンチにも、9番ガルシアを力のある直球で空振り三振に仕留めると、続くサラディーノを低めの変化球でバットに空を切らせた。今季は開幕投手を務めながら不甲斐ない投球が続いた。4戦目にしてエースらしい投球を披露した。

 昨季の田中は中4日は14試合で4勝3敗、防御率3.71に対し、中5日以上は17試合で10勝1敗、同2.44。右肘に不安を抱える田中は「通常のローテでは厳しい」とみられていたが、今季最初の中4日登板で自ら不安を払拭してみせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る