ヤンキース田中2勝目 中4日登板で周囲の不安吹き飛ばす

公開日:  更新日:

 ヤンキース・田中将大(28)が今季初の中4日登板で結果を残した。

 19日(日本時間20日)のホワイトソックス戦に登板し、7回を6安打1失点、6奪三振、2四球で2勝目(1敗)を挙げた。

 この日の田中は再三、走者を背負いながらも落ち着いた投球でつけ入る隙を与えなかった。四回に2本の二塁打で1点を失ったものの、追加点を許さない。大量リードで迎えた七回。1死三塁のピンチにも、9番ガルシアを力のある直球で空振り三振に仕留めると、続くサラディーノを低めの変化球でバットに空を切らせた。今季は開幕投手を務めながら不甲斐ない投球が続いた。4戦目にしてエースらしい投球を披露した。

 昨季の田中は中4日は14試合で4勝3敗、防御率3.71に対し、中5日以上は17試合で10勝1敗、同2.44。右肘に不安を抱える田中は「通常のローテでは厳しい」とみられていたが、今季最初の中4日登板で自ら不安を払拭してみせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る