連続スタメン落ちで打線沈黙…巨人“阿部依存”の不安的中

公開日: 更新日:

 重労働の捕手を長年務めたため、38歳の阿部は満身創痍。不安は「脚」というが、ふくらはぎや太もも裏など、たいていの箇所に故障歴があり、いつ再発してもおかしくない状態だ。高橋監督が捕手復帰を断念し、完全に一塁専念を決断したのも、全身ボロボロだからである。

 昨季は交流戦中の5月31日に一軍初昇格。後半戦に入った7月に4番に座ると、破竹の勢いで首位の広島を猛追し始めた。

 前日、高橋監督は「慎之助ばかりに頼るわけにはいかない。今日は慎之助抜きでもいいゲームができた。引き続き他の選手は頑張って欲しい」と話していたが、欠場2試合目で高い依存度が露呈した。3番・坂本はこの日も2安打で打率・356と好調をキープしているが、4番に阿部が座っていればこその相乗効果という声もある。仮に大黒柱が離脱するようなら、坂本ひとりにマークが集中するからだ。

 阿部がこのまま4番としてチームを牽引してくれれば優勝奪回、離脱したらアウトというような構図。要は阿部次第という指揮官が言うまでもなく、危うい状況なのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  10. 10

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る