一軍昇格も深まる一方…阪神が悩む“キャンベル問題”とは

公開日:

「まあ、成績自体は悪くないですけど……」

 11勝8敗で巨人と並んで2位をキープする阪神。しかし、関西のマスコミ関係者はちょっと歯切れが悪い。

 なぜなら、懸案材料があるからだという。25日に一軍に初昇格する新助っ人野手のキャンベルのことだ。

 オープン戦序盤に左手首の腱鞘炎で離脱していた助っ人は、21日の二軍のソフトバンク戦(筑後)からフル出場、その日は2安打1打点でアピールした。真面目がウリとあって、本職の一塁、三塁のみならず、実戦では左翼、右翼にも取り組んでいる。

 阪神打線は長距離打者が不在。今季から加入した糸井と福留の「ベテラン3、4番コンビ」が打線を牽引しているのが現状だ。阪神OBが言う。

「今年、糸井が36歳、福留は40歳を迎える。年間通していい状態をキープできるかといえば不透明です。糸井は膝に古傷を抱えているし、福留も数試合に一度は休養日を与えられている。暑くなるにつれ体力的にもキツくなってくる。金本監督が就任1年目に掲げた『超変革』の申し子である北條(打率.222、2本塁打、6打点)、高山(打率.260、0本塁打、4打点)もイマイチ伸び悩んでもいる。糸井、福留が調子を落とせばチームはズルズル落ちていく危険がある。それこそ長打があって4番を打てる助っ人がいれば、打線の厚みが増しますが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る