歴代2位も鉄人とは大差 阪神鳥谷に“衣笠超え”はあるのか

公開日:  更新日:

 その道は果てしなく遠い。

 18日の中日戦で、阪神の鳥谷(35)が「6番・三塁」でスタメン出場。連続出場は1766試合となり、金本監督と並んで球界歴代2位の記録となった。

 1位は元祖「鉄人」衣笠祥雄氏が、広島で1970年から87年の17年間をかけて達成した2215試合だ。

 鳥谷は今季、遊撃から三塁にコンバートされ、守備の負担が減った。選手生命は延びるだろうが、だからといって衣笠氏の記録に届くと思うのは早計だ。そもそも現時点で約450試合も離れており、達成するには1試合たりとも休むことはできない。35歳という年齢が年齢だけに、普通に考えれば無理だろう。

■金本監督は「連続フルイニング」の世界記録

 しかし、阪神には金本監督の連続出場記録という「前例」がある。金本監督は06年に連続フルイニング出場の世界記録を達成すると、翌07年は連続出場でも松井秀喜の記録を抜いて、日本球界歴代2位になった。その後は肩や足の故障もあり、現役の晩年は打てず守れず走れず。もはや選手として使い物にならないのは誰が見ても明らかだったが、出場を続けていた。フルイニング記録は10年に途切れたものの、連続出場は翌11年まで継続していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    メジャー評価は根尾より上 小園海斗の身体能力はケタ違い

もっと見る