9敗中5敗が逆転負け…巨人に高木京“一軍早期復帰”待望論

公開日: 更新日:

 こうなると、「あの男」の支配下登録、一軍復帰が冗談ではなくなってくる。

 野球賭博関与による1年間の失格処分から育成選手として復帰し、この日、15年10月以来、約1年半ぶりに実戦登板を果たした高木京介(27)だ。三軍でBCリーグ交流戦・BC武蔵戦に八回から登板。1イニングを16球、無安打無失点で1四球、2奪三振、最速は143キロだった。

「開幕前に育成契約した時の高木京はガリガリにやせ細っていて『大丈夫か』と心配されたが、1カ月で体も球威も以前に近い状態に戻ってきた。この日はカーブと直球で三振を取ったが、新たにフォークを投げるようになり、以前より三振が取れるようになった。一軍はリリーフ左腕を探しているので、早い段階での京介の支配下登録は十分あり得るのではないか」(三軍関係者)

 この日の広島戦でベンチ入りした救援投手7人のうち、左投手は池田、乾、中川、山口鉄の4人。半数以上が左というのは珍しい。それだけ不安なのだ。昨季はリーグワーストの38度の逆転負け。課題の六、七回の安定度アップへ、高木京に白羽の矢が立つ可能性はある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    京都から中国人が消えた…新型コロナで観光地正常化の皮肉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る