マーリンズ買収にも別の狙い ジーターが見据える“その先”

公開日: 更新日:

 あくまでも次のステップに進むための過程ということか。

 元ヤンキースのキャプテンで、メジャー通算3465安打を放ったデレク・ジーター(42)が、米大リーグ、マイアミ・マーリンズのオーナーになるという。

 マーリンズはイチローと田沢が所属するナ・リーグ東地区のチーム。ジーターと、元フロリダ州知事ジェブ・ブッシュらの投資家グループがマーリンズ買収で基本合意に達したと、地元紙「マイアミ・ヘラルド」(電子版)が25日に報じた。買収総額は約1440億円とみられる。

 ジーターは現役時代からメジャーのオーナー職に関心があったといわれるが、メジャーのオーナーといえば、投資家グループを筆頭に社会的影響力のある投資対象として球団を所有する人たちが多い。

 そこへいくと、現役時代に稼ぐだけ稼いだジーターが今回、球団をもつ狙いは何か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  5. 5

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  6. 6

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る