ようやくお目覚め ベイ筒香「92打席目1号」に首脳陣安堵

公開日:  更新日:

 待望の“花火”を甲子園の夜空に打ち上げた。

 27日、DeNAの筒香が阪神戦で今季1号ソロを放った。五回2死走者なしの場面で、藤浪の甘く入った高めの直球をフルスイング。鋭い打球が、バックスクリーン横に突き刺さった。

 淡々とダイヤモンドを一周した筒香だが、その胸の内は安堵一色だったろう。WBCから帰国後は投手の球筋や投げ方の違いに苦しみ、前日まで打率.243、7打点。開幕22試合、92打席目にして、ようやく一発が出た。

 試合には敗れたものの、首脳陣も安堵のため息。坪井打撃コーチは「1本のヒット、1本のホームランで打者は変わる」と、今後の復活を確信。ライバル球団にとっては厄介な打者が目覚めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る