DeNAドラ1浜口 “元阪神ファン”が敵地で見せた強気の源流

公開日:  更新日:

「すごく声援が大きくて緊張したが、自分の投球をしようと思った。いい真っすぐを投げられた」

 25日の阪神戦、DeNAのドラフト1位左腕・浜口遥大(神奈川大)が七回途中無失点の好投。新人では一番乗りとなる2勝目を挙げ、充実した表情を見せた。

 昨秋ドラフト後、ラミレス監督による指名挨拶の際に「阪神相手に投げたい」とアピールしていた。父親の影響で阪神ファンだったというルーキーは、ほぼ完全アウェーの甲子園のマウンドがむしろ、心地よかったのかもしれない。熱狂的な阪神ファンのヤジにも動じず、強気の投球で六回まで無安打。最速150キロの速球で果敢に内角を攻めつつ、チェンジアップやスライダーで的を絞らせなかった。

 身長は173センチも、体重は80キロのガッチリ体形。力強いボールを投げるのは生来のものともいえる。3人兄弟の末っ子である浜口の実家はスポーツ一家。父親が空手2段で、長男は投てき、次男は総合格闘技をやっていたという。浜口は大学2年時に全日本大学野球選手権で準優勝してブレークした。強い相手になればなるほど反骨心をむき出しにし、力を発揮できるのは環境によるところが大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る