わずか97球で ヤンキース田中将大が3年ぶり2度目の完封

公開日: 更新日:

 まさにエースの投球だった。

 ヤンキース・田中将大(28)が27日(日本時間28日)のレッドソックス戦に登板。今季初の敵地ボストンでの宿敵相手のマウンドは3安打無四球3奪三振の完封で3勝目(1敗)をマーク。田中はメジャー1年目の2014年5月14日のメッツ戦以来、3年ぶり2度目の完封である。

 この日の田中は立ち上がりから丁寧な投球で凡打の山を築く。二回、先頭の4番H・ラミレスに左前打を許したのを足がかりに1死二塁と得点圏に走者を背負ったが、後続をしっかりと打ち取り、つけ入る隙を与えない。五回にも先頭ボガーツに左前打されたが、続くブラッドリーJrを一ゴロ併殺に仕留める。

 相手先発は15年の最多奪三振王(274)で昨季17勝をマークしたエース左腕のセール(前ホワイトソックス)。味方の大量援護が期待しにくい中、六回以降も3人ずつで切り抜け、スコアボードに0を連ねた。開幕から好調なレッドソックス打線を相手に、わずか97球の完封劇である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  2. 2

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  8. 8

    元SMAPで独り勝ち キムタクが歩むジャニーズ大幹部への道

  9. 9

    落合は「絶対に当てないから大丈夫」と涼しい顔で言った

  10. 10

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る