「下向くな」悩めるヤクルト山田哲人に三木HCが緊急面談

公開日:  更新日:

 復調への一発は幻に終わった。

 28日の巨人戦、ヤクルトの山田哲人(24)が七回1死一、二塁で篠原から放った打球は右翼ポール際へスタンドイン。一塁塁審は本塁打と判定し、悠々とダイヤモンドを一周したのも束の間、巨人がリプレー検証を要求した結果、ファウルに覆った。

「入ったと思ったけど惜しかったですね。詰まっていたけど押し込んだ感じ。調子? 見ての通り最悪でしょ」

 試合後の本人はこう言ったが、この日は結局、4打数無安打。25日の中日戦から14打席ヒットがなく、打率は.202まで降下。本塁打もわずか2本だ。例年、春先は調子が上がらないとはいえ、昨季まで2年連続でトリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)を達成した姿からはかけ離れている。

 試合前、山田に打撃について話を聞くと、「暖かくなってきたら打ちます。そうだな、5月中旬から打てる、そんな気がする。ここからです。小学校からずっと野球をやってきたんだから勘で分かります」と言いつつ、「この状況は……。いやぁ、しんどい。みんなに今の自分の気持ちを分けてあげたい。分けたらつらくて死んじゃうかも」と、苦笑いを浮かべながらため息を漏らしたほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る