「下向くな」悩めるヤクルト山田哲人に三木HCが緊急面談

公開日:  更新日:

 復調への一発は幻に終わった。

 28日の巨人戦、ヤクルトの山田哲人(24)が七回1死一、二塁で篠原から放った打球は右翼ポール際へスタンドイン。一塁塁審は本塁打と判定し、悠々とダイヤモンドを一周したのも束の間、巨人がリプレー検証を要求した結果、ファウルに覆った。

「入ったと思ったけど惜しかったですね。詰まっていたけど押し込んだ感じ。調子? 見ての通り最悪でしょ」

 試合後の本人はこう言ったが、この日は結局、4打数無安打。25日の中日戦から14打席ヒットがなく、打率は.202まで降下。本塁打もわずか2本だ。例年、春先は調子が上がらないとはいえ、昨季まで2年連続でトリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)を達成した姿からはかけ離れている。

 試合前、山田に打撃について話を聞くと、「暖かくなってきたら打ちます。そうだな、5月中旬から打てる、そんな気がする。ここからです。小学校からずっと野球をやってきたんだから勘で分かります」と言いつつ、「この状況は……。いやぁ、しんどい。みんなに今の自分の気持ちを分けてあげたい。分けたらつらくて死んじゃうかも」と、苦笑いを浮かべながらため息を漏らしたほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る