阪神フロントとも思惑一致 金本政権“5年は安泰”の根拠

公開日: 更新日:

 超満員の甲子園が大いに沸いた。

 阪神は30日の中日戦、北條が右前に決勝打を放って接戦を制した。3、4月を14勝10敗の貯金4、首位広島と1ゲーム差の2位で終えた金本監督は、「貯金は最低3つはしたいと思っていた。2つで終わるのと4つで終わるのとでは全然違う。まだ(守りの)ミスは多いですけど、必死になればもっと勝てるチームだと思う」と、言葉に力を込めた。

 就任1年目の昨季は4位に低迷したが、今季は攻撃の軸となる糸井をFAでオリックスから獲得したことで打線に厚みが増した。北條、高山ら期待の若手が多少、伸び悩んでいる感もあるが、徐々に手ごたえを感じていることだろう。

 そんな金本監督について阪神周辺では、「仮に最下位転落したとしても、しばらく監督の座は安泰だろう」との声が聞こえてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  8. 8

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  9. 9

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  10. 10

    “ヌーブラ、ヤッホー!”元「モエヤン」久保いろはさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る