金本監督も感服 阪神メッセは“複数年1年目”も手抜きなし

公開日:

「頭が下がる思いです」

 試合後の阪神・金本監督のセリフである。

 中日を6-0とシャットアウトで下した28日の試合。7回無失点の好投で白星を挙げた先発のメッセンジャー(35)に、「これで、4勝目ですかね。調子が良くない中で抑えたのは、彼の経験と技術」と目尻を下げ、冒頭の言葉を続けた。

 確かに、頭が下がる。メッセンジャーは昨季、2年ぶりの2ケタ勝利となる12勝(11敗=防御率3・01)を挙げ、オフに年俸3億5000万円の2年契約を結んだ。普通、特に助っ人の複数年契約1年目は要注意とされるが、この男に関しては手抜きを危惧する声が一切上がらなかった。

「阪神の助っ人として歴代最長となる8年目のシーズンに入ったメッセンジャーは、09年オフの来日以来、6度の契約延長を経て今に至っている。その間、複数年契約を結ぶのは今回が3度目となるが、過去2度の2年契約1年目はいずれも、手を抜くどころか、中4日の登板もいとわず、リーグ1位の先発登板数を記録している。14年はそれに加えて、最多勝、最多投球回、最多奪三振もマーク。これほど真面目で頼りになる助っ人はいませんからね」(在阪マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る