苦しんで2勝目…阪神・藤浪“ノーコン”いまだ克服できず

公開日: 更新日:

「コースを狙いすぎず、もっとアバウトでいい。いいボールを持っている。考えすぎずに投げた方がいい」

 27日、DeNA戦に先発した阪神藤浪晋太郎(23)について、テレビ中継の解説者がこう言っていた。

 インフルエンザ明けからの復帰登板となったこの日は5回2失点。今季2勝目を挙げたものの、投球の不安定さは改善される気配がない。

 初回の2四球に始まり、二回までに4点の援護をもらいながら、制球が安定しない。ボールが大きく外れると不安そうな表情になり、集中力を欠くのは、5回9四死球、2失点で負けた今季初登板のVTRを見ているようだった。

 三回1死二塁では梶谷の投ゴロを捕球後、二塁走者を刺そうとして悪送球して傷口を広げ、筒香に適時打を浴びた。四回には2死から下位打線に連続四球。五回も2死から筒香に今季1号となるソロを献上し、その後も連続安打を浴びる苦しい内容だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  3. 3

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  4. 4

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  5. 5

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  6. 6

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  7. 7

    昨年末から連日話題だが…キムタクは本当に人気があるのか

  8. 8

    ヤクザがやっている「他人の風下に立たない」心理術の極意

  9. 9

    白石麻衣「写真集37万部」の凄さ アイドルでは実質歴代2位

  10. 10

    ゴーンが逃亡直前「極秘インタビュー」10時間で語ったこと

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る