出稽古嫌いの稀勢の里 2日連続で“他流試合”に励んだ狙い

公開日:

 横綱・稀勢の里(30)といえば、出稽古をしないことで有名。出稽古先でなれ合い、八百長相撲に誘われることを危惧した先代親方(故・鳴戸親方=元横綱・隆の里)の教えともいわれるが、たまに外に出ても佐渡ケ嶽部屋くらい。そこで気心の知れた琴奨菊(33)と汗を流すか、同部屋の弟弟子・高安(27)と稽古をするケースがほとんどだ。

 そんな出無精が2日連続で出稽古をやった。前日に九重部屋で関取衆と稽古をし、昨7日は埼玉の追手風部屋へ。幕内大栄翔(23)相手に、15番取って14勝1敗だった。

「(左上腕の)痛みはない。(夏場所まで)まだ1週間あるので、また良くなっていくと思う」

 稽古後の本人はこう言って納得の表情を浮かべたが、本当に左上腕の状態が良ければ、わざわざ稽古のスタンスを変える必要はない。不安を抱えているからこそ“他流試合”で自らを鍛え直すと同時に、状態がいいということをあえて外にアピールする必要があるのではないか。結果としてライバルたちへの無言の圧力につながるからだ。

 8、9日は二所ノ関一門の連合稽古に参加する予定。「できれば上位陣とやりたい」と言うのも、そんな狙いがあるとすれば納得だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る