• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

出稽古嫌いの稀勢の里 2日連続で“他流試合”に励んだ狙い

 横綱・稀勢の里(30)といえば、出稽古をしないことで有名。出稽古先でなれ合い、八百長相撲に誘われることを危惧した先代親方(故・鳴戸親方=元横綱・隆の里)の教えともいわれるが、たまに外に出ても佐渡ケ嶽部屋くらい。そこで気心の知れた琴奨菊(33)と汗を流すか、同部屋の弟弟子・高安(27)と稽古をするケースがほとんどだ。

 そんな出無精が2日連続で出稽古をやった。前日に九重部屋で関取衆と稽古をし、昨7日は埼玉の追手風部屋へ。幕内大栄翔(23)相手に、15番取って14勝1敗だった。

「(左上腕の)痛みはない。(夏場所まで)まだ1週間あるので、また良くなっていくと思う」

 稽古後の本人はこう言って納得の表情を浮かべたが、本当に左上腕の状態が良ければ、わざわざ稽古のスタンスを変える必要はない。不安を抱えているからこそ“他流試合”で自らを鍛え直すと同時に、状態がいいということをあえて外にアピールする必要があるのではないか。結果としてライバルたちへの無言の圧力につながるからだ。

 8、9日は二所ノ関一門の連合稽古に参加する予定。「できれば上位陣とやりたい」と言うのも、そんな狙いがあるとすれば納得だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る