横綱・稀勢の里を徹底解剖 父の貞彦さんは“理想の嫁”語る

公開日:

 3月の大相撲春場所で2場所連続2度目の優勝を飾った新横綱の稀勢の里(30=本名・萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋)。新横綱の優勝は1995年初場所の貴乃花以来、22年ぶり8人目の快挙だった。土がついた13日目の日馬富士戦で左肩付近を負傷。ケガを押しての逆転優勝に日本中が沸いた。新横綱を丸裸にした。

■野球小僧

 86年7月3日、兵庫県芦屋市生まれ、茨城県龍ケ崎市育ち。小学生時代に熱中したのは野球。所属した龍ケ崎ハリケーンズでは、捕手で4番。小6で180センチ近くあり、コーチに間違われたこともあるという。ハリケーンズの岩瀬正和総監督が言う。

「体格が立派だったので、小学生用のバットが軽すぎたんです。そこでウチの息子が昔使っていた、中学生用のヘッドが重いバットを使わせていた。普通の子では試合でフルスイングなんて無理ですが、彼は軽々振ってました。後にお父さんに新しいバットを買ってもらってニコニコしてましたよ。ただ、そのバットはバランス重視で、うまく使えばヒットを量産できるというもの。小学生には扱いが難しいので、打率が落ちてしまいました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る