横綱・稀勢の里を徹底解剖 父の貞彦さんは“理想の嫁”語る

公開日:

 3月の大相撲春場所で2場所連続2度目の優勝を飾った新横綱の稀勢の里(30=本名・萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋)。新横綱の優勝は1995年初場所の貴乃花以来、22年ぶり8人目の快挙だった。土がついた13日目の日馬富士戦で左肩付近を負傷。ケガを押しての逆転優勝に日本中が沸いた。新横綱を丸裸にした。

■野球小僧

 86年7月3日、兵庫県芦屋市生まれ、茨城県龍ケ崎市育ち。小学生時代に熱中したのは野球。所属した龍ケ崎ハリケーンズでは、捕手で4番。小6で180センチ近くあり、コーチに間違われたこともあるという。ハリケーンズの岩瀬正和総監督が言う。

「体格が立派だったので、小学生用のバットが軽すぎたんです。そこでウチの息子が昔使っていた、中学生用のヘッドが重いバットを使わせていた。普通の子では試合でフルスイングなんて無理ですが、彼は軽々振ってました。後にお父さんに新しいバットを買ってもらってニコニコしてましたよ。ただ、そのバットはバランス重視で、うまく使えばヒットを量産できるというもの。小学生には扱いが難しいので、打率が落ちてしまいました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る