• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

菊池のグラブ型を…巨人・坂本“盗めるものは盗む”貪欲さ

 巨人の坂本勇人(28)が好調だ。5日の中日戦では2点を追う五回に遊撃を強襲する適時打。チームは八回に逆転に成功した。

 打率を.375とし、2年連続首位打者へひた走る。筒香、山田、中田ら3月のWBCに出場した侍ジャパンの主力野手が軒並み苦しむ中、唯一といっていい好調ぶりだ。坂本は開幕直前、「疲れ? 帰ってきたばっかなんだから疲れてるに決まってるでしょ! でもやらないといけない立場だから……」と漏らしていたが、WBCの影響などみじんも感じさせないどころか、侍ジャパンの人脈をシレッと利用しているという。

 広島のチーム関係者がこう明かす。

「坂本は侍ジャパンで二遊間コンビを組んだ1歳下の二塁手・菊池(広島)のハンドリングの柔らかさに注目したそうです。グラブの『型』に秘密があるのではとシーズン中にもかかわらず、敵チームの選手に自身の新しいグラブをポンと預け、『型づけ』を頼んでいる。練習で使って捕球できるように型をつけて欲しいということらしい。名手のグラブの型を参考にしようというなら、ずうずうしいというか貪欲ですよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  8. 8

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  9. 9

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  10. 10

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

もっと見る