家族もビックリ ヤクルト大松の移籍後初HRはサヨナラ弾

公開日: 更新日:

 ヤクルトの大松尚逸(34)が、移籍後初本塁打となる劇的な代打サヨナラ弾で試合を決めた。引き分け間近の延長十二回裏。先頭打者として代打で登場し、右翼席へブチ込んだ。

 昨年5月に右アキレス腱を断裂。昨季限りでロッテを自由契約となり、年俸800万円でヤクルトに拾われた。移籍後初アーチは自身3年ぶりの一発。「まさかという思い」と照れた。

 本拠地・神宮のスタンドには敦子夫人(34)と父の三郎氏(65)が、移籍後初の観戦に訪れていた。本人は「ちょうど見に来てくれていて、こういう姿を見せられて良かった。最近打っていなかったので、心配になったんでしょうね」と顔を紅潮させていたが、家族も「まさか」だったろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  2. 2

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  8. 8

    元SMAPで独り勝ち キムタクが歩むジャニーズ大幹部への道

  9. 9

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  10. 10

    落合は「絶対に当てないから大丈夫」と涼しい顔で言った

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る