家族もビックリ ヤクルト大松の移籍後初HRはサヨナラ弾

公開日:

 ヤクルトの大松尚逸(34)が、移籍後初本塁打となる劇的な代打サヨナラ弾で試合を決めた。引き分け間近の延長十二回裏。先頭打者として代打で登場し、右翼席へブチ込んだ。

 昨年5月に右アキレス腱を断裂。昨季限りでロッテを自由契約となり、年俸800万円でヤクルトに拾われた。移籍後初アーチは自身3年ぶりの一発。「まさかという思い」と照れた。

 本拠地・神宮のスタンドには敦子夫人(34)と父の三郎氏(65)が、移籍後初の観戦に訪れていた。本人は「ちょうど見に来てくれていて、こういう姿を見せられて良かった。最近打っていなかったので、心配になったんでしょうね」と顔を紅潮させていたが、家族も「まさか」だったろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る