連敗6で止めた 燕ブキャナン“粘投”に話題の美人妻も興奮

公開日:  更新日:

「昨年、野手を探しにフィリーズ3Aの試合を視察した際、偶然投げていたのが彼でした」

 こう言うのはヤクルトの奥村国際グループ担当部長。13日の中日戦に先発した新外国人デービッド・ブキャナン(27)のことだ。

 勝ちこそつかなかったが、140キロ台後半のストレート、カットボール、チェンジアップを駆使して8回133球、2失点の好投。チームの連敗を6で止める原動力となった。奥村部長が続ける。

「ストレートだけでなく、カットボール、チェンジアップといった変化球はどの球種でもストライクが取れる。左右に散らしながら、奥行きを使った投球ができる。日本向きの投手と思って見ていた。メンタルのタフさもある。その試合、初回に3失点を喫した。マイナーでは、メジャーのチャンスが少なくなると、モチベーションを落とす選手は少なくないが、彼は違った。2イニング目、無失点で切り抜けるとガッツポーズをした。気持ちを切らすことなく、諦めずに投げた。二回以降は粘り強く無失点に抑え、チームは逆転勝ちした。勝ちへの強い意欲を見せたのが印象的でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る