• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

連敗6で止めた 燕ブキャナン“粘投”に話題の美人妻も興奮

「昨年、野手を探しにフィリーズ3Aの試合を視察した際、偶然投げていたのが彼でした」

 こう言うのはヤクルトの奥村国際グループ担当部長。13日の中日戦に先発した新外国人デービッド・ブキャナン(27)のことだ。

 勝ちこそつかなかったが、140キロ台後半のストレート、カットボール、チェンジアップを駆使して8回133球、2失点の好投。チームの連敗を6で止める原動力となった。奥村部長が続ける。

「ストレートだけでなく、カットボール、チェンジアップといった変化球はどの球種でもストライクが取れる。左右に散らしながら、奥行きを使った投球ができる。日本向きの投手と思って見ていた。メンタルのタフさもある。その試合、初回に3失点を喫した。マイナーでは、メジャーのチャンスが少なくなると、モチベーションを落とす選手は少なくないが、彼は違った。2イニング目、無失点で切り抜けるとガッツポーズをした。気持ちを切らすことなく、諦めずに投げた。二回以降は粘り強く無失点に抑え、チームは逆転勝ちした。勝ちへの強い意欲を見せたのが印象的でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る