• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4試合連続完封ならず 菅野の投球を城之内氏はどう見たか

 快挙への挑戦は、あっけなく幕を閉じた。

 9日の阪神戦で、52年ぶりとなる「4試合連続完封」の偉業に挑んだ巨人のエース・菅野智之(27)が、初回にいきなり失点。

 先頭の高山に二塁打を打たれると、1死三塁から3番の糸井に右前適時打を浴びた。東京ドームが大きなため息に包まれる中、2死一、三塁とピンチを広げ、6番の鳥谷にも左前に運ばれて2失点。三回にも先頭の北條に内野安打で出塁を許すと、4番の福留に初球のシュートを右翼スタンドへ運ばれた。結局、8回9安打4失点でマウンドを降りた。

 菅野は、2日のDeNA戦で89年の斎藤雅樹に並ぶ球団28年ぶりの3試合連続完封を達成。この日のマウンドは、〈城之内邦雄が果たした65年以来の快挙なるか!〉とスポーツマスコミが大騒ぎする中で迎えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事