• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

DeNA平良がプロ1勝 山口俊獲得の巨人「4年8億円」の代償

 巨人のフロントは頭を抱えたはずである。

 DeNAの平良拳太郎(21)が、今季初登板となった10日の中日戦でプロ初勝利。5回3安打1失点の好投に「ホッとした。これからもっと勝てるようになりたい」と笑顔を見せた。

 沖縄・北山高から13年ドラフト5位で巨人に入団。将来のエース候補といわれ、開幕投手を務めた二軍で6勝を挙げた昨年は一軍デビューも果たした。いよいよ一軍定着と本人もチーム関係者も期待した矢先、オフにFAで獲得した山口俊(29)の人的補償でDeNAに“放出”された。

 巨人が4年総額8億円の大金を積んで招いたその山口俊は、キャンプ前に右肩痛を訴え、いまだ二軍戦にも登板していない。平良が、一軍昇格が早くても6月以降といわれている山口俊の勝ち星を上回るなんてことになれば、これほどアホらしい補強もない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事