サッカー界の異端児 C・ロナウド「タトゥー嫌い」の真相

公開日:

「慈善事業に熱心に取り組んでいるロナウドは『誰にでもできることこそ、率先してやるべきだと思う。定期的に献血をやるためにタトゥーは入れない』と話している」

 日本を含めて大半の国が、タトゥーが入っていると感染症予防のために献血NG。日本赤十字社のHPにも「6カ月以内にいれずみを入れた方は、肝炎等のウイルス感染の可能性が否定できませんので、献血をご遠慮いただいています」とある。

「浦和DF槙野、札幌MF小野、名古屋FW佐藤らが肩などにタトゥーを入れ、あと元なでしこジャパンの沢穂希も足首に入れてましたね。若手ではオランダでプレーしているMF小林が、磐田時代の16年に日本代表に初招集された際、左腕の目立つところにタトゥーを入れているのが発覚。日本サッカー協会からお灸を据えられ、入れ墨部分にテーピングを巻き、隠してプレーしていました」(サッカー記者)

 Jリーガーの入れ墨は外国人選手の猿真似にすぎないが、どうせならロナウドの慈善事業の取り組みを見習った方がいい――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る