• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

筒香や打撃Cに聞いた DeNAが阪神藤浪を打てない理由

投稿日:  更新日:

 14日、DeNA戦に先発した阪神の藤浪晋太郎(23)。先頭打者の桑原に挨拶代わりの四球を献上すると、その直後に内野安打と味方のエラーも絡んで初回に2点を先制された。しかし、その後は追加点を許さず7回2失点で降板。勝ちはつかなかったものの、5四死球(被安打5)と制球に苦しみながらDeNA打線を封じ、阪神は貯金を10に伸ばした。

 これで藤浪の防御率は1.67。規定投球回数には達していないが、防御率1.89でリーグトップの巨人・菅野智之(27)よりも数字はいい。

 DeNAは15年から藤浪に8連敗中だ。ノーコンだから打ちにくいのか。この日3打数無安打の嶺井は「(荒れた)汚いボールはカット気味で向かって来る感じ。それだけならいいけど、たまにキレイな真っすぐが来るので打ちづらい」と言う。

 やはり4タコだった4番の筒香はこう語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

もっと見る