“ケガの功名”で変身 ダル4勝目で日本人最速MLB通算50勝

公開日:

 渡米6年目にして、ついに大台到達である。

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)が16日(日本時間17日)のフィリーズ戦に登板。7回を4安打1失点、9奪三振、2四球で今季4勝目(2敗)を挙げ、メジャー通算50勝目をマークした。

 この日のダルは最速158キロの直球を軸に好打者が揃うフィリーズ打線に立ちはだかった。四回までは二塁を踏ませず、五回2死二塁のピンチも7番ラップを158キロの直球を低めに決めて見逃し三振に仕留める。変化球の制球が乱れた七回に1点を失ったが終始、安定した投球を披露。ダルの好投もあってチームは勝率5割(20勝20敗)とした。

■肘にメスで自身の体により関心が

 ダルは右肘のトミー・ジョン(腱の修復)手術から復帰2年目の今季、患部の負担を減らすため、調整法に工夫を凝らしている。これまでは登板2日後に行っていたブルペンでの投球練習を、中5日以上の場合は次の登板日の3日前に変更。中4日でのマウンドが続いたり、球数が100以上に達した場合は、次の試合にはあえてノースローで臨み、肩、肘の消耗には細心の注意を払っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

もっと見る