“ケガの功名”で変身 ダル4勝目で日本人最速MLB通算50勝

公開日:

 渡米6年目にして、ついに大台到達である。

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)が16日(日本時間17日)のフィリーズ戦に登板。7回を4安打1失点、9奪三振、2四球で今季4勝目(2敗)を挙げ、メジャー通算50勝目をマークした。

 この日のダルは最速158キロの直球を軸に好打者が揃うフィリーズ打線に立ちはだかった。四回までは二塁を踏ませず、五回2死二塁のピンチも7番ラップを158キロの直球を低めに決めて見逃し三振に仕留める。変化球の制球が乱れた七回に1点を失ったが終始、安定した投球を披露。ダルの好投もあってチームは勝率5割(20勝20敗)とした。

■肘にメスで自身の体により関心が

 ダルは右肘のトミー・ジョン(腱の修復)手術から復帰2年目の今季、患部の負担を減らすため、調整法に工夫を凝らしている。これまでは登板2日後に行っていたブルペンでの投球練習を、中5日以上の場合は次の登板日の3日前に変更。中4日でのマウンドが続いたり、球数が100以上に達した場合は、次の試合にはあえてノースローで臨み、肩、肘の消耗には細心の注意を払っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る