巨人・カミネロ&クルーズに囁かれる“チーム内トレード”

公開日: 更新日:

 4連敗中の巨人はリーグ最低の打率.237、150得点、14試合連続1ケタ安打、2リーグ制後の球団ワースト記録を更新する11試合連続本塁打なしの貧打にあえぐ。「打てないんだから投手陣を解体してでも打開策を探るべき」という声がチーム内で上がり始めている。具体的には「トレード」だ。といっても、チーム内の外国人選手の話である。

 一軍の外国人枠は「4」。今季は開幕からマイコラス、マシソン、カミネロの投手3、新4番に座ったマギーの野手1で戦ってきた。開幕から4人とも好調だったが、28日の広島戦で守護神のカミネロが打たれて2敗目。防御率は2.05となった。勝ち試合のセットアッパーを務める同じパワー系のマシソンは、21試合で防御率0.74と鉄壁の牙城。セのある打者は「2人とも球は速いけど、八回のマシソンの方が断然良くて、次のカミネロが打ちやすく見える」と証言する。巨人内にも「抑えはマシソンでも務まる。というよりマシソンの方がいい。カミネロじゃなくて二軍の本塁打王の助っ人を上げて、投手2、野手2がいいのではないか」と指摘する声があるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

もっと見る