• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人・カミネロ&クルーズに囁かれる“チーム内トレード”

 4連敗中の巨人はリーグ最低の打率.237、150得点、14試合連続1ケタ安打、2リーグ制後の球団ワースト記録を更新する11試合連続本塁打なしの貧打にあえぐ。「打てないんだから投手陣を解体してでも打開策を探るべき」という声がチーム内で上がり始めている。具体的には「トレード」だ。といっても、チーム内の外国人選手の話である。

 一軍の外国人枠は「4」。今季は開幕からマイコラス、マシソン、カミネロの投手3、新4番に座ったマギーの野手1で戦ってきた。開幕から4人とも好調だったが、28日の広島戦で守護神のカミネロが打たれて2敗目。防御率は2.05となった。勝ち試合のセットアッパーを務める同じパワー系のマシソンは、21試合で防御率0.74と鉄壁の牙城。セのある打者は「2人とも球は速いけど、八回のマシソンの方が断然良くて、次のカミネロが打ちやすく見える」と証言する。巨人内にも「抑えはマシソンでも務まる。というよりマシソンの方がいい。カミネロじゃなくて二軍の本塁打王の助っ人を上げて、投手2、野手2がいいのではないか」と指摘する声があるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る