巨人・カミネロ&クルーズに囁かれる“チーム内トレード”

公開日:  更新日:

 4連敗中の巨人はリーグ最低の打率.237、150得点、14試合連続1ケタ安打、2リーグ制後の球団ワースト記録を更新する11試合連続本塁打なしの貧打にあえぐ。「打てないんだから投手陣を解体してでも打開策を探るべき」という声がチーム内で上がり始めている。具体的には「トレード」だ。といっても、チーム内の外国人選手の話である。

 一軍の外国人枠は「4」。今季は開幕からマイコラス、マシソン、カミネロの投手3、新4番に座ったマギーの野手1で戦ってきた。開幕から4人とも好調だったが、28日の広島戦で守護神のカミネロが打たれて2敗目。防御率は2.05となった。勝ち試合のセットアッパーを務める同じパワー系のマシソンは、21試合で防御率0.74と鉄壁の牙城。セのある打者は「2人とも球は速いけど、八回のマシソンの方が断然良くて、次のカミネロが打ちやすく見える」と証言する。巨人内にも「抑えはマシソンでも務まる。というよりマシソンの方がいい。カミネロじゃなくて二軍の本塁打王の助っ人を上げて、投手2、野手2がいいのではないか」と指摘する声があるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る