昨季より深刻な貧打 巨人の交流戦惨敗を高橋善正氏が心配

公開日: 更新日:

 巨人が最悪の状態で交流戦を迎える。

 28日の広島戦に敗れて4連敗。広島には7連敗で対戦成績1勝10敗と一方的だ。

 巨人OBの評論家、高橋善正氏がこう言う。

「同じ相手にこれだけやられるんですから、ベンチの戦術、データの活用にも大いに問題があるということ。投手力で上回るパ球団を相手に戦術、データがより重要になる交流戦に向け、不安が大きいと言わざるを得ません。この日も6安打2得点に終わった打線は、リーグワーストのチーム打率.237。中軸に座る坂本、阿部の当たりが止まり、深刻な状態です。当たっているのはマギーだけ。交流戦では、そのマギーにはじき出される形でベンチを温めている村田を、DHがある敵地で使えるのはプラス材料としても、最初の相手がパ首位で絶好調の楽天というのも厳しい。ローテの順番でいけば、リーグトップの6勝を挙げるエースの則本とも当たる。最初のカードの楽天相手につまずくようだと、ズルズルと後退するかもしれない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  6. 6

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  7. 7

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    自国第一主義…米、英、ソ連は日本の真珠湾攻撃を喜んだ

もっと見る