巨人マイコをメッタ打ち5点KO 広島打線に火がついたワケ

公開日: 更新日:

 26日の広島戦で先発した巨人の今季の開幕投手マイルズ・マイコラス(28)。試合前まで防御率は2.89ながら、広島戦に限ると0勝1敗、同7.50と打たれている。来日1年目の15年は1勝2敗、同4.32。昨年も0勝1敗、同4.00。唯一、苦手としている球団なのだ。本人も「なぜ広島にだけ打たれるのか」と気にしているというが、案の定、この日の試合も広島打線につかまった。四回に菊池に先制本塁打されると、六回に4連打を浴びるなど3失点。結局七回途中5失点でKOされ、3敗目(4勝)を喫した。

 実は悪いことに、天敵にさらに目の敵にされる“事件”が昨年9月に起きていた。マイコラスが登板した広島戦で、鈴木、松山に2者連続本塁打を浴びた直後の安部の初球に死球。この日2個目だったこともあり、ベテランの黒田と新井が激怒するなど、乱闘寸前の一触即発ムードが漂った。広島のある選手が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

もっと見る