バド桃田 復活優勝で再スタートも代表復帰に高いハードル

公開日:  更新日:

 違法賭博行為による無期限の資格停止処分から復帰したバドミントンの元世界ランク2位の桃田賢斗(22)が頂点に立った。

 31日の日本ランキングサーキット決勝で日本代表の上田拓馬(28)を接戦の末に破り優勝。視察した日本代表の朴柱奉監督(52)に健在ぶりをアピールした。

 本人は「優勝した瞬間、支えてくれた人への思いがこみ上げた」と、表彰式で見せた涙の理由を明かした。

 今後は、7月11日開幕のカナダ・オープン(カルガリー)、同19日開幕のUSオープン(アナハイム)に出場予定。桃田は日本代表から外れているため、渡航費などは自腹を切って参加する。国際大会でポイントを稼いで、現在は圏外の国際ランキングへの復帰を目指すが、それと同時に日本代表への復帰も当面の目標となる。

 日本バドミントン協会の規定によれば、日本代表の選考基準は年末の全日本総合選手権出場が最低条件。シングルスは男女とも通常、この大会の1、2位の選手が代表に選出される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る