バド桃田 復活優勝で再スタートも代表復帰に高いハードル

公開日: 更新日:

 違法賭博行為による無期限の資格停止処分から復帰したバドミントンの元世界ランク2位の桃田賢斗(22)が頂点に立った。

 31日の日本ランキングサーキット決勝で日本代表の上田拓馬(28)を接戦の末に破り優勝。視察した日本代表の朴柱奉監督(52)に健在ぶりをアピールした。

 本人は「優勝した瞬間、支えてくれた人への思いがこみ上げた」と、表彰式で見せた涙の理由を明かした。

 今後は、7月11日開幕のカナダ・オープン(カルガリー)、同19日開幕のUSオープン(アナハイム)に出場予定。桃田は日本代表から外れているため、渡航費などは自腹を切って参加する。国際大会でポイントを稼いで、現在は圏外の国際ランキングへの復帰を目指すが、それと同時に日本代表への復帰も当面の目標となる。

 日本バドミントン協会の規定によれば、日本代表の選考基準は年末の全日本総合選手権出場が最低条件。シングルスは男女とも通常、この大会の1、2位の選手が代表に選出される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る