バド桃田 復活優勝で再スタートも代表復帰に高いハードル

公開日: 更新日:

 違法賭博行為による無期限の資格停止処分から復帰したバドミントンの元世界ランク2位の桃田賢斗(22)が頂点に立った。

 31日の日本ランキングサーキット決勝で日本代表の上田拓馬(28)を接戦の末に破り優勝。視察した日本代表の朴柱奉監督(52)に健在ぶりをアピールした。

 本人は「優勝した瞬間、支えてくれた人への思いがこみ上げた」と、表彰式で見せた涙の理由を明かした。

 今後は、7月11日開幕のカナダ・オープン(カルガリー)、同19日開幕のUSオープン(アナハイム)に出場予定。桃田は日本代表から外れているため、渡航費などは自腹を切って参加する。国際大会でポイントを稼いで、現在は圏外の国際ランキングへの復帰を目指すが、それと同時に日本代表への復帰も当面の目標となる。

 日本バドミントン協会の規定によれば、日本代表の選考基準は年末の全日本総合選手権出場が最低条件。シングルスは男女とも通常、この大会の1、2位の選手が代表に選出される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  4. 4

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  7. 7

    多部「ナギサさん」vs篠原「ハケン」働く女子に刺さるのは

  8. 8

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

  9. 9

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  10. 10

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

もっと見る