違法賭博の元王者バド桃田 見た目もプレーも優等生に変貌

公開日: 更新日:

「皆さんのおかげでコートに立てていることが分かりました」――。

 違法賭博行為による無期限出場停止処分から復帰した男子バドミントン元王者の桃田賢斗(22)が、すっかり謙虚になって戻ってきた。30日は復帰戦の日本ランキングサーキット準決勝で武下利一(27)に2-0(21-15、22-19)のストレート勝ち。31日の決勝進出を決めた。

 試合後は、「勝ち負けよりもコートに立てる喜びや、支えてくれた人、応援してくれる人に感謝の気持ちを持って、一球一球プレーしたいです」と優等生発言を繰り返していた。

 活動自粛中は苦手だったランニングやウエートトレを精力的にこなし、肉体改造に着手。70キロ以上あった体重を67キロまで絞り込んだ。体形だけでなく、身なりにも気を配るようになり、不祥事発覚前は試合中でも身に着けていたネックレスなどのアクセサリーを外してプレーしている。試合前後には観客席に向かって深々と頭を下げるなど、かつては自由奔放な言動が目立った元王者が別人のような振る舞いである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る