• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

違法賭博の元王者バド桃田 見た目もプレーも優等生に変貌

「皆さんのおかげでコートに立てていることが分かりました」――。

 違法賭博行為による無期限出場停止処分から復帰した男子バドミントン元王者の桃田賢斗(22)が、すっかり謙虚になって戻ってきた。30日は復帰戦の日本ランキングサーキット準決勝で武下利一(27)に2-0(21-15、22-19)のストレート勝ち。31日の決勝進出を決めた。

 試合後は、「勝ち負けよりもコートに立てる喜びや、支えてくれた人、応援してくれる人に感謝の気持ちを持って、一球一球プレーしたいです」と優等生発言を繰り返していた。

 活動自粛中は苦手だったランニングやウエートトレを精力的にこなし、肉体改造に着手。70キロ以上あった体重を67キロまで絞り込んだ。体形だけでなく、身なりにも気を配るようになり、不祥事発覚前は試合中でも身に着けていたネックレスなどのアクセサリーを外してプレーしている。試合前後には観客席に向かって深々と頭を下げるなど、かつては自由奔放な言動が目立った元王者が別人のような振る舞いである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る