違法賭博の元王者バド桃田 見た目もプレーも優等生に変貌

公開日:  更新日:

「皆さんのおかげでコートに立てていることが分かりました」――。

 違法賭博行為による無期限出場停止処分から復帰した男子バドミントン元王者の桃田賢斗(22)が、すっかり謙虚になって戻ってきた。30日は復帰戦の日本ランキングサーキット準決勝で武下利一(27)に2-0(21-15、22-19)のストレート勝ち。31日の決勝進出を決めた。

 試合後は、「勝ち負けよりもコートに立てる喜びや、支えてくれた人、応援してくれる人に感謝の気持ちを持って、一球一球プレーしたいです」と優等生発言を繰り返していた。

 活動自粛中は苦手だったランニングやウエートトレを精力的にこなし、肉体改造に着手。70キロ以上あった体重を67キロまで絞り込んだ。体形だけでなく、身なりにも気を配るようになり、不祥事発覚前は試合中でも身に着けていたネックレスなどのアクセサリーを外してプレーしている。試合前後には観客席に向かって深々と頭を下げるなど、かつては自由奔放な言動が目立った元王者が別人のような振る舞いである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る