“バド桃田騒動”の最中 日本アスリートが海外でカジノ三昧

公開日: 更新日:

 今年4月に発覚したバドミントン強化指定選手たちによる違法賭博問題。

 首謀者の田児賢一(27)は無期限の登録抹消。世界ランキング2位(当時)の桃田賢斗(22=写真)は無期限の出場停止処分が科され、金メダル候補はリオのコートにすら立てなかった。

 血税から賄われる強化費を受領するアスリートが厳しい視線にさらされる中、ナショナルチームの監督、コーチ、選手までもがカジノ店に出入りしていた。

 ある競技団体が国際大会に選手を派遣した時のことだ。海外では人目につかないため、気が緩んだのだろう。早々と敗退したり、翌日に試合のない選手が監督、コーチと一緒に賭け事に興じていたというのだ。

「試合を終えると、夕食もそこそこに賭場に直行するコーチや深夜まで入り浸る選手もいた。わずか数日間の滞在で20万円近く負けたコーチもいる」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る