“バド桃田騒動”の最中 日本アスリートが海外でカジノ三昧

公開日: 更新日:

 今年4月に発覚したバドミントン強化指定選手たちによる違法賭博問題。

 首謀者の田児賢一(27)は無期限の登録抹消。世界ランキング2位(当時)の桃田賢斗(22=写真)は無期限の出場停止処分が科され、金メダル候補はリオのコートにすら立てなかった。

 血税から賄われる強化費を受領するアスリートが厳しい視線にさらされる中、ナショナルチームの監督、コーチ、選手までもがカジノ店に出入りしていた。

 ある競技団体が国際大会に選手を派遣した時のことだ。海外では人目につかないため、気が緩んだのだろう。早々と敗退したり、翌日に試合のない選手が監督、コーチと一緒に賭け事に興じていたというのだ。

「試合を終えると、夕食もそこそこに賭場に直行するコーチや深夜まで入り浸る選手もいた。わずか数日間の滞在で20万円近く負けたコーチもいる」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る