リオ銅水谷破る金星 張本智和“13歳天才卓球少年”の素顔

公開日:  更新日:

 卓球の世界選手権(ドイツ・デュッセルドルフ)は1日、男子シングルス2回戦を行い、張本智和(エリートアカデミー)がリオ五輪メダリストの水谷隼(27)を4-1で下して3回戦進出。世界ランク69位の中学2年生が同6位の実力者を破る番狂わせを演じた。

 張本は鋭い回転をかけたバックハンドの「チキータ」で14歳上の相手を翻弄。百戦錬磨の水谷は「自分がやる戦術がなくなった」と脱帽。男子の倉嶋洋介監督は「強くなるスピードが段違い(に速い)。末恐ろしい」と将来性の高さを口にした。

 史上最年少の日本代表として出場した張本は中国出身の両親から英才教育を施された。2歳で卓球を始め、小学生の年代別全国大会は6年連続優勝し、昨年12月の世界ジュニア選手権(18歳以下)を史上最年少(13歳)で制した。

 男子代表チーム一の大食漢で、好きな食べ物は焼き肉、麺類の他にアイスクリーム。育ち盛りだけに、合宿中は食堂に1人残って食べるのは珍しくない。この2年で身長が15センチも伸びた。

 現在は定期的に本場中国に渡って、プロ選手との練習でラケットさばきを磨いている。「東京五輪では金メダルを取りたい」と話す張本はどこまで成長を見せるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る