リオ銅水谷破る金星 張本智和“13歳天才卓球少年”の素顔

公開日: 更新日:

 卓球の世界選手権(ドイツ・デュッセルドルフ)は1日、男子シングルス2回戦を行い、張本智和(エリートアカデミー)がリオ五輪メダリストの水谷隼(27)を4-1で下して3回戦進出。世界ランク69位の中学2年生が同6位の実力者を破る番狂わせを演じた。

 張本は鋭い回転をかけたバックハンドの「チキータ」で14歳上の相手を翻弄。百戦錬磨の水谷は「自分がやる戦術がなくなった」と脱帽。男子の倉嶋洋介監督は「強くなるスピードが段違い(に速い)。末恐ろしい」と将来性の高さを口にした。

 史上最年少の日本代表として出場した張本は中国出身の両親から英才教育を施された。2歳で卓球を始め、小学生の年代別全国大会は6年連続優勝し、昨年12月の世界ジュニア選手権(18歳以下)を史上最年少(13歳)で制した。

 男子代表チーム一の大食漢で、好きな食べ物は焼き肉、麺類の他にアイスクリーム。育ち盛りだけに、合宿中は食堂に1人残って食べるのは珍しくない。この2年で身長が15センチも伸びた。

 現在は定期的に本場中国に渡って、プロ選手との練習でラケットさばきを磨いている。「東京五輪では金メダルを取りたい」と話す張本はどこまで成長を見せるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  2. 2

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

もっと見る