平野美宇の指導コーチが語る 日本と中国選手の「大きな差」

公開日: 更新日:

 卓球の世界選手権(ドイツ・デュッセルドルフ)は31日、男女計4種目を行い女子シングルスでは平野美宇(17)が1、2回戦ともストレート勝ち。3回戦に駒を進めた。

 石川佳純(24)と組む女子ダブルス2回戦はドイツのペアをストレートで下して3回戦に進出した。

 平野は4月のアジア選手権で当時世界ランキング1位の丁寧をはじめ、中国のトップ選手を次々に破り、金メダルに輝いた。この世界卓球でも快進撃が期待されるが、15年10月から平野を指導する中澤鋭コーチ(38)は中国と日本選手との実力差はまだ、思った以上に大きいという。

「中国は平野を徹底的に分析して調べてきているので、(攻略される)危機感はあります。こちらもそれに対応していかなければならない。でも、正直、中国人選手との差はまだ結構ある。金メダルを取るまでの実力はないですね。(中国と日本の)一番大きな差は試合中の戦術を組み立てる早さ。中国選手は(想定していた)コースや動きと違った場合、0コンマ何秒の中で考えてポイントを狙うまでの適応力の早さがとても優れている。平野の課題はそういう戦術の熟練性。相手の動きを読みながらコースを外したり、相手が予測できない場所に打ったり、それが(まぐれじゃなく)常に実力として出せるようにしたい。瞬時に判断できる力を身に付けるためにも、また中国で合宿をやって常に中国人と対戦していきたいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る