• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

平野美宇の指導コーチが語る 日本と中国選手の「大きな差」

 卓球の世界選手権(ドイツ・デュッセルドルフ)は31日、男女計4種目を行い女子シングルスでは平野美宇(17)が1、2回戦ともストレート勝ち。3回戦に駒を進めた。

 石川佳純(24)と組む女子ダブルス2回戦はドイツのペアをストレートで下して3回戦に進出した。

 平野は4月のアジア選手権で当時世界ランキング1位の丁寧をはじめ、中国のトップ選手を次々に破り、金メダルに輝いた。この世界卓球でも快進撃が期待されるが、15年10月から平野を指導する中澤鋭コーチ(38)は中国と日本選手との実力差はまだ、思った以上に大きいという。

「中国は平野を徹底的に分析して調べてきているので、(攻略される)危機感はあります。こちらもそれに対応していかなければならない。でも、正直、中国人選手との差はまだ結構ある。金メダルを取るまでの実力はないですね。(中国と日本の)一番大きな差は試合中の戦術を組み立てる早さ。中国選手は(想定していた)コースや動きと違った場合、0コンマ何秒の中で考えてポイントを狙うまでの適応力の早さがとても優れている。平野の課題はそういう戦術の熟練性。相手の動きを読みながらコースを外したり、相手が予測できない場所に打ったり、それが(まぐれじゃなく)常に実力として出せるようにしたい。瞬時に判断できる力を身に付けるためにも、また中国で合宿をやって常に中国人と対戦していきたいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る