• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

卓球“スーパー中学生”張本智和に卒業即プロ転向プラン

 世界ジュニア2冠、13歳の「スーパー中学生」が高校生を一蹴した。

 17日の全日本卓球選手権ジュニアの部男子シングルス。初戦となった3回戦で、張本智和(13=エリートアカデミー所属)が埼玉栄高の福原にストレート勝ち、わずか15分でねじ伏せた。ダブルスでも1、2回戦を勝ち進んだ張本は、「思った以上にいいプレーができた。こんなに早く勝てると思わなかった。目標はもちろん優勝」と堂々の宣言である。

 163センチだった身長はこの1年で170センチに。背が伸びたことで、「去年よりブロックやカウンターが取れるようになった」と史上最年少優勝に向け、自信たっぷりだ。

 昨年12月の世界ジュニア選手権を最年少の13歳で制し、団体と合わせて2冠を達成。大会の注目を一身に集める張本には、中学卒業と同時の「プロ転向」も囁かれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事