卓球“スーパー中学生”張本智和に卒業即プロ転向プラン

公開日:  更新日:

 世界ジュニア2冠、13歳の「スーパー中学生」が高校生を一蹴した。

 17日の全日本卓球選手権ジュニアの部男子シングルス。初戦となった3回戦で、張本智和(13=エリートアカデミー所属)が埼玉栄高の福原にストレート勝ち、わずか15分でねじ伏せた。ダブルスでも1、2回戦を勝ち進んだ張本は、「思った以上にいいプレーができた。こんなに早く勝てると思わなかった。目標はもちろん優勝」と堂々の宣言である。

 163センチだった身長はこの1年で170センチに。背が伸びたことで、「去年よりブロックやカウンターが取れるようになった」と史上最年少優勝に向け、自信たっぷりだ。

 昨年12月の世界ジュニア選手権を最年少の13歳で制し、団体と合わせて2冠を達成。大会の注目を一身に集める張本には、中学卒業と同時の「プロ転向」も囁かれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

もっと見る