巨体揺らし大激走 燕バレンティンはメジャー再挑戦へ血眼

公開日: 更新日:

 4日、西武戦で延長の末に引き分けたヤクルト。0―8と劣勢だったが、反撃の口火を切ったのは主砲のバレンティン(32)だった。

 四回にソロ弾を放つと、2点差にまで追い上げた九回裏2死走者なしの場面では、三遊間へのゴロを打って巨体を揺らしながら大激走。内野安打になるも、右ヒザの裏側を痛めて途中交代となった。病院には行かず、5日は休養するという。

 バレンティンは今オフのメジャー再挑戦を視野に入れている。今年は大谷(日本ハム)や菊池(西武)らの視察のため、多くのメジャースカウトが来日している。誰がどこで見ているかわからないので、常にスカウトへのアピールを意識しているようだ。

 今季にかける思いはバットにも表れている。

 数年前から続けてきた「日替わりバット」のメーカーを一部変更。5月2日の阪神戦から長く使っていた「オールドヒッコリー」をやめ、「ビクタス社」にかえた。現在は「ビクタス社」「マルッチ社」「サムバット社」「SSK社」の4種類のメーカーを使用している。材質は反発力の強い、超ハードな特注の「プレミアムメープル」にこだわっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

  10. 10

    先物が最高値 GW10連休を襲うガソリン髙と値上げラッシュ

もっと見る