巨体揺らし大激走 燕バレンティンはメジャー再挑戦へ血眼

公開日:  更新日:

 4日、西武戦で延長の末に引き分けたヤクルト。0―8と劣勢だったが、反撃の口火を切ったのは主砲のバレンティン(32)だった。

 四回にソロ弾を放つと、2点差にまで追い上げた九回裏2死走者なしの場面では、三遊間へのゴロを打って巨体を揺らしながら大激走。内野安打になるも、右ヒザの裏側を痛めて途中交代となった。病院には行かず、5日は休養するという。

 バレンティンは今オフのメジャー再挑戦を視野に入れている。今年は大谷(日本ハム)や菊池(西武)らの視察のため、多くのメジャースカウトが来日している。誰がどこで見ているかわからないので、常にスカウトへのアピールを意識しているようだ。

 今季にかける思いはバットにも表れている。

 数年前から続けてきた「日替わりバット」のメーカーを一部変更。5月2日の阪神戦から長く使っていた「オールドヒッコリー」をやめ、「ビクタス社」にかえた。現在は「ビクタス社」「マルッチ社」「サムバット社」「SSK社」の4種類のメーカーを使用している。材質は反発力の強い、超ハードな特注の「プレミアムメープル」にこだわっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る