2試合連続代打HR 広島バティスタはソリアーノ以上の逸材

公開日: 更新日:

 去る3日のデビュー戦から2試合連続で代打本塁打を打ち、2打数2安打2本塁打。まだ2打席とはいえ、驚愕の数字を叩き出しているのが、広島サビエル・バティスタ(25)である。

 ドミニカ共和国のカープアカデミーを経て来日2年目の今季、二軍で“三冠王”(打率・363、14本塁打、38打点)の実績を評価されて育成から支配下登録された。契約は育成期間を加味されて6年。そこで思い起こされるのが、バティスタと同じくアカデミー、広島経由でメジャーでプレーしたソリアーノ(ヤンキースなど)だ。

 ソリアーノは97年の1年間の在籍で、9試合出場で打率.118、0本塁打にとどまった。しかしその後、メジャーに移籍するや大化けし、40本塁打、40盗塁の「40―40」、通算2000安打を達成した。広島OBはこう言う。

「ソリアーノが広島にやって来た時はまだ20歳だった。ヤンキースでレギュラーになったのが25歳。広島時代はまだまだ本格化する前だったとはいえ、バティスタも、アカデミー内で最も有望株の一人と評価されていたし、練習の姿勢はソリアーノ以上に真面目と評判です。一緒にアカデミーを経て来日したメヒアとともに、若手の日本人選手と同様の練習をこなし、特打も嫌がらずにやる。『練習は長いが、勉強することが多い』とハングリー精神も旺盛。まだまだボール球に手を出すところはあるが、大化けする可能性は十分にあると思います」

 ちなみに、前述した同僚のメヒアも、二軍で打率3割5分程度打っている。一軍でアカデミーコンビが見られる日も遠くなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    久光製薬 中冨博隆会長 頼りはやっぱり「サロンパス」

  10. 10

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

もっと見る