• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2試合連続代打HR 広島バティスタはソリアーノ以上の逸材

 去る3日のデビュー戦から2試合連続で代打本塁打を打ち、2打数2安打2本塁打。まだ2打席とはいえ、驚愕の数字を叩き出しているのが、広島のサビエル・バティスタ(25)である。

 ドミニカ共和国のカープアカデミーを経て来日2年目の今季、二軍で“三冠王”(打率・363、14本塁打、38打点)の実績を評価されて育成から支配下登録された。契約は育成期間を加味されて6年。そこで思い起こされるのが、バティスタと同じくアカデミー、広島経由でメジャーでプレーしたソリアーノ(ヤンキースなど)だ。

 ソリアーノは97年の1年間の在籍で、9試合出場で打率.118、0本塁打にとどまった。しかしその後、メジャーに移籍するや大化けし、40本塁打、40盗塁の「40―40」、通算2000安打を達成した。広島OBはこう言う。

「ソリアーノが広島にやって来た時はまだ20歳だった。ヤンキースでレギュラーになったのが25歳。広島時代はまだまだ本格化する前だったとはいえ、バティスタも、アカデミー内で最も有望株の一人と評価されていたし、練習の姿勢はソリアーノ以上に真面目と評判です。一緒にアカデミーを経て来日したメヒアとともに、若手の日本人選手と同様の練習をこなし、特打も嫌がらずにやる。『練習は長いが、勉強することが多い』とハングリー精神も旺盛。まだまだボール球に手を出すところはあるが、大化けする可能性は十分にあると思います」

 ちなみに、前述した同僚のメヒアも、二軍で打率3割5分程度打っている。一軍でアカデミーコンビが見られる日も遠くなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る