• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

まるでプロレス実況 NHKアナ「ツアー選手権」をぶち壊し

【日本ゴルフツアー選手権森ビルカップ 最終日】

 昨年のレオパレス21ミャンマーオープン優勝で日本ツアー出場権を獲得した2年目のショーン・ノリス(35・南ア)が、最終日ベストスコアの64をマークして逆転優勝した。

 テレビ観戦した評論家の宮崎紘一氏が、「南アツアー、アジアンツアーと世界で戦ってきたしぶとさがノリスにはあった。ティーショットでアイアンを使ったり、ドライバーは低い球でホールを攻めるなど決してクラブを振り回していなかった。日本選手が苦戦したタフなコースへの適応能力の高さを見せた。その一方でNHKアナはプロレス中継のようだった」と指摘する。

 たしかに大声を出すシーンが多かった。「おぅっと外したぁ」「入るかぁ」「あっ~と、池っ」と声を張り上げていた。解説の加瀬秀樹プロが淡々と話していたからよけいに対照的で気になった。そればかりでなく、宮本勝昌の18番グリーンでは、「最後はバーディー、失礼、パーでした」。ノリスが18番でバーディーを決めると、A・キューのパットが残っているにもかかわらず、「すべてのプレーが終わりました」と中継もいいかげんだった。宮崎氏が言う。

「アナウンサーは黒子に徹するべきなのに、自ら目立ってせっかくの国内メジャーを騒いでぶち壊しにした感じです」

 ちなみにノリスは優勝賞金3000万円、5年シード、WGC・BS招待出場資格とおいしいところをごっそり持っていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る