全英切符すべて外国人「ミズノOP」日本人プロの体たらく

公開日: 更新日:

【ミズノオープン 最終日】

 力の差と言えばそれまでだが、情けない結果だ。

 今大会は有資格者を除く成績上位4選手に、メジャーの全英オープンの切符が与えられる(4位タイで並んだ場合は世界ランク上位者から)。今年は、通算15アンダーで優勝(賞金2000万円)したチャン・キム(27・米国)、マイケル・ヘンドリー(37・ニュージーランド)、アダム・ブランド(34・豪州)、金庚泰(30・韓国)の4人が出場権を手にしたが、日本選手は皆無だった。

 1860年から行われている全英オープンは、世界最古のゴルフトーナメントであり、「THE OPEN」と呼ばれている。世界には「マスターズより全英に出たい」というプロがごまんといる。その気持ちが強ければ夢がかなうというわけではないだろうが、2005年から今年までの13大会で外国選手の優勝は10回を数える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  5. 5

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    木下優樹菜 引退後の人生行路は波高し 事務所もサジ投げた

  10. 9

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  11. 10

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

もっと見る