15歳久保もかすむ U-20W杯は次代スターの“国際見本市”

公開日:  更新日:

 韓国で開催中のU―20(20歳以下)W杯で日本代表は24日、南米予選1位通過の優勝候補ウルグアイと対戦した。FCバルセロナ育ちで注目を集めている15歳FW久保建英(FC東京ユース)はベンチスタート。しかし前半16分、磐田FW小川航基(19)が左膝の大ケガで動けなくなり、久保に出番が回ってきた。

「ルーズボールの奪取能力、プレスの掛け方、勝負どころでの体の張り方などウルグアイが上回り、それが0―2という結果につながりました。日本は、攻撃の中心となった久保が特に後半、鋭いドリブル突破や絶妙なラストパスなど持ち味を発揮しましたが、チームメートとの連係不足も目立ち、ウルグアイの粘り強い守備をこじ開けることができませんでした」(サッカーダイジェスト元編集長・六川亨氏)

 U―20W杯といえば「次代のスター選手の宝庫」と呼ばれ、欧米の有名クラブが敏腕スカウトを送り込み、目を皿のようにして物色する大会といわれている。日本戦で先制点を決めたウルグアイFWスキアッパカッセ、アルゼンチンFWマルティネス、イングランドFWソランケ、フランスMFトゥサールといった有望選手が今大会終了後、強豪に引き抜かれるともっぱらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る