15歳久保もかすむ U-20W杯は次代スターの“国際見本市”

公開日: 更新日:

 韓国で開催中のU―20(20歳以下)W杯で日本代表は24日、南米予選1位通過の優勝候補ウルグアイと対戦した。FCバルセロナ育ちで注目を集めている15歳FW久保建英(FC東京ユース)はベンチスタート。しかし前半16分、磐田FW小川航基(19)が左膝の大ケガで動けなくなり、久保に出番が回ってきた。

「ルーズボールの奪取能力、プレスの掛け方、勝負どころでの体の張り方などウルグアイが上回り、それが0―2という結果につながりました。日本は、攻撃の中心となった久保が特に後半、鋭いドリブル突破や絶妙なラストパスなど持ち味を発揮しましたが、チームメートとの連係不足も目立ち、ウルグアイの粘り強い守備をこじ開けることができませんでした」(サッカーダイジェスト元編集長・六川亨氏)

 U―20W杯といえば「次代のスター選手の宝庫」と呼ばれ、欧米の有名クラブが敏腕スカウトを送り込み、目を皿のようにして物色する大会といわれている。日本戦で先制点を決めたウルグアイFWスキアッパカッセ、アルゼンチンFWマルティネス、イングランドFWソランケ、フランスMFトゥサールといった有望選手が今大会終了後、強豪に引き抜かれるともっぱらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  6. 6

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  7. 7

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    自国第一主義…米、英、ソ連は日本の真珠湾攻撃を喜んだ

もっと見る