5安打中4本塁打の打棒もフイ…広島バティスタの重大欠点

公開日: 更新日:

 格安助っ人が、またまた破格の活躍を見せた。

 広島のバティスタ(25)が7日の日本ハム戦で二回に逆転2ランを打つなど、4打数3安打2本塁打、3打点。ヒーローインタビューでは「1本目はとにかく甘い球を、2本目はベルトの(高さの)ゾーンを打ちにいきました」と話した。

 今月3日に支配下登録されてから、ここまで4試合で5安打。うち4本がホームランと規格外のパワーを見せつけている。

 さらに驚くべきは、その年俸だ。今季から4万7000ドル(513万円)プラス出来高の6年契約という低賃金。「広島はいい買い物をした」という声はもちろん、「バティスタは球団にだまされてるのでは?」と冗談交じりに言われるのも無理はない。

 問題は自慢のパワーを帳消しにしかねないザル守備だ。二軍では今季39試合に出場し、外野手としてウエスタン・リーグ最多タイの4失策。守備率.947の数字が示すように、守りは並以下。「8番・左翼」でスタメン出場したこの日はエラーこそなかったものの、捕球、送球ともにベンチをヒヤヒヤさせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る