5安打中4本塁打の打棒もフイ…広島バティスタの重大欠点

公開日: 更新日:

 格安助っ人が、またまた破格の活躍を見せた。

 広島のバティスタ(25)が7日の日本ハム戦で二回に逆転2ランを打つなど、4打数3安打2本塁打、3打点。ヒーローインタビューでは「1本目はとにかく甘い球を、2本目はベルトの(高さの)ゾーンを打ちにいきました」と話した。

 今月3日に支配下登録されてから、ここまで4試合で5安打。うち4本がホームランと規格外のパワーを見せつけている。

 さらに驚くべきは、その年俸だ。今季から4万7000ドル(513万円)プラス出来高の6年契約という低賃金。「広島はいい買い物をした」という声はもちろん、「バティスタは球団にだまされてるのでは?」と冗談交じりに言われるのも無理はない。

 問題は自慢のパワーを帳消しにしかねないザル守備だ。二軍では今季39試合に出場し、外野手としてウエスタン・リーグ最多タイの4失策。守備率.947の数字が示すように、守りは並以下。「8番・左翼」でスタメン出場したこの日はエラーこそなかったものの、捕球、送球ともにベンチをヒヤヒヤさせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    久光製薬 中冨博隆会長 頼りはやっぱり「サロンパス」

  10. 10

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

もっと見る