• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人底なし13連敗で懸念 由伸監督オフの辞任や解任あるか

 前日に球団ワースト記録を更新する12連敗を喫した巨人。8日の西武戦前のベンチは当然のことながら重苦しかった。

 ある選手がこう言った。

「よく開き直れって言われるけど、それってどういう意味ですかね? 観念してふてぶてしく思い切ってやること? まあ、巨人でそれはムリ。一つ一つのプレーが見られ、ダメならボロカスに批判される。こういう時こそ、捨て身になることは確かに必要だとは思うけど、巨人で開き直ってプレーするのは絶対ムリ。監督も球団の人も『連敗を受け止めないといけない』と言ってますし……」

 がんじがらめの巨人は、連敗のプレッシャーも加わってガチガチだ。試合前、村田ヘッドコーチに打開策について聞くと、こう声を大にした。

「一番大事なのは諦めない気持ちや! だってそうやろ? 体を動かすのは気持ちなんやから!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る