自己最多の5勝目 阪神・秋山を覚醒させた一軍の“永住権”

公開日: 更新日:

 勝ち星は2ケタに届きそうだ。

 阪神は先発秋山(26)が、7連勝と波に乗るオリックス打線に12安打を浴びながら要所を締め、8回2失点。自己最多となる5勝目(3敗)を挙げた。

「真っすぐで押そうと心がけた。気持ちを込めて投げられた」

 昨季まで7年で6勝の右腕が、今季は別人のような投球を見せている。覚醒した理由をあるOBがこう説明する。

「ファームではタイトルが取れるぐらいの投球をするのに、一軍でチャンスを与えられると、後がないというか、いつも自分を追い込んで投げていた。気持ちに余裕がないから腕も振れず、球も走らない。今年はオープン戦で結果を残しローテ入り。開幕後もベンチの信頼は厚く、今は二軍に落とされる心配がないので伸び伸び投げている。技術的には、188センチの長身から角度のあるボールを投げたいということで、右サイドが低くならないことを久保コーチから指導された。真っすぐに角度がつき、フォークやカーブも良くなった。今は藤浪が不振で二軍落ちしている。阪神にとって秋山の変身はうれしい誤算です」

 秋山は5勝目にも「まだ低い数字。もっと増やしていけるように頑張りたい」と語った。打線の援護があれば10勝はできる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る