• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

自己最多の5勝目 阪神・秋山を覚醒させた一軍の“永住権”

 勝ち星は2ケタに届きそうだ。

 阪神は先発秋山(26)が、7連勝と波に乗るオリックス打線に12安打を浴びながら要所を締め、8回2失点。自己最多となる5勝目(3敗)を挙げた。

「真っすぐで押そうと心がけた。気持ちを込めて投げられた」

 昨季まで7年で6勝の右腕が、今季は別人のような投球を見せている。覚醒した理由をあるOBがこう説明する。

「ファームではタイトルが取れるぐらいの投球をするのに、一軍でチャンスを与えられると、後がないというか、いつも自分を追い込んで投げていた。気持ちに余裕がないから腕も振れず、球も走らない。今年はオープン戦で結果を残しローテ入り。開幕後もベンチの信頼は厚く、今は二軍に落とされる心配がないので伸び伸び投げている。技術的には、188センチの長身から角度のあるボールを投げたいということで、右サイドが低くならないことを久保コーチから指導された。真っすぐに角度がつき、フォークやカーブも良くなった。今は藤浪が不振で二軍落ちしている。阪神にとって秋山の変身はうれしい誤算です」

 秋山は5勝目にも「まだ低い数字。もっと増やしていけるように頑張りたい」と語った。打線の援護があれば10勝はできる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る